サイドイメージ

Contents

現地発着プラン
    日本旅行業協会 ㈱スペースワールドは、日本旅行業協会の正会員です。
    ボンド保証会員
    キャンセル保険
    三井住友外貨宅配
      

一般情報

「って、どんな国かご存知ですか?」

☆古き良き時代の魅力が残るキューバ☆
ヘミングウェイ・音楽・革命・チェ ゲバラ・葉巻・50、60年代のアメ車・社会主義で貧富の差が無く平和でラテン的な大らか人々、キューバの魅力をたっぷりお楽しみ下さい。

マップ 国旗
国名 キューバ共和国 首都 ハバナ(スペイン語ではラ・アバーナ La Habana)
政体 キューバ共産党のもとで、国家機構を通じて行われている。年2回国会に相当する人民権力全国会議が開催される。 通貨 キューバの通貨単位はペソPeso。
主に外国人が使う「兌換ペソ(CUC)」と国民が使う「人民ペソ(CUP)」がある。
通貨レートはCUC1=US$1ドル(2016年現在)
その他に手数料が必要。
ペソ下にセンターボCentavoの単位があり、100センターボス=1ペソとなる。
言語 公用語はスペイン語。         ただしホテル、レストラン、航空会社などでは英語が通じる。 時差 日本よりマイナス14時間       (サマータイム時はマイナス13時間/期間は毎年変わります)
気候 気候は亜熱帯性海洋気候で年間平均気温は25.5度。年間を通して貿易風が吹くため、暑い夏も比較的しのぎやすい。乾期は11~4月、雨期は7~10月。ハリケーンは9月と10月に多い。
その他 元首はラウル・カストロ・ルス国家評議会議長 (Raul Castro Ruz)です。

役に立つ情報

両替
日本円からCUCへの両替は、ハバナ空港の両替所(24時間営業)や、ハバナ旧市街CADECA(カデカ)にて可能です。また街中には他にも両替所はございますが、日本円からの両替は出来ないところが多いので、ユーロもしくはカナダドルをお持ちいただくことをお勧めいたします。(USドルからCUCへの両替の場合、さらに10%の手数料が加算されますのでご注意ください。)
再両替
使い切れなかったキューバペソ(CUC)をユーロなどに再両替するのは可能ですが、レートがかなり悪くなりますので使い切ることをお勧めします。どうしても使いきれなかった場合、空港の両替所で再両替が可能です。
なお、キューバペソのキューバ国外での再両替が出来ません。
チップ
かつてはチップを渡す習慣はなかったキューバですが、今では観光客の利用するレストラン、ホテル等では支払うのが一般的となっております。
【ホテル】 ホテルでは荷物を運んでもらったベルボーイにCUS1程度が基準。
【レストラン】 全体の何パーセントをチップとして渡すといった形式はないので、気持ちとして1回の食事の際に1人CUC1~2(ふたりで食事をした場合はCUC2~4といった具合に、客の人数による)ほど渡せばよいでしょう。ただし、特別な用を頼んだ場合は別途に必要となります。
【タクシー】 タクシーにチップを払う必要はありませんが、近年ではお釣りの端数を渡す人が多いです。
【その他】トイレの入口に人がいたらペーパー代として20~25¢必要なときもございます。
飲料水
水道水の飲用は控えた方がよいでしょう。500mlで50Centavo程度ですのでペットボトルをお買い求め下さい。
郵便
 日本までハガキ、封書ともに外国人専用切手で90¢程度。
キューバの郵便事情は良いとは言えず、届くのに約20日~2ケ月かかります。
電話
メキシコとの合併企業の電話会社ETECSAができ、カード式公衆電話や係員のいるブースが増えてきております。
●キューバから日本に国際電話をかける場合
119(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+市外局番の0 をとった番号から以下全部
●日本からキューバに電話をかける場合
001/0033/0061など(国際電話会社番号) +010(国際通話識別番号)+53(キューバの国番号)+市外局番以降の電話番号 
トイレ
空港やホテルでは日本と大差はありません。ですが特に地方における公共のトイレなどでは、管理の人にチップを渡して利用する場合も多いです。その際トイレットペーパーを渡されることがありますので受け取り、ご利用下さい。また排水事情がよくない場合は故障の原因となる可能性がありますのでペーパー利用後は備え付けのゴミ箱へ捨てて頂きますようお願いします。
交通マナー
キューバの交通マナーはそれほど悪いわけではありません。しかしながら、無免許運転や飲酒運転、自動車の老朽化などからくる交通事故も発生しておりますので、十分ご注意ください。
治安
カリブ諸国の中では治安がいいとされるキューバ。特に危険な場所も存在せず、日中はどこを歩き回っても身の危険を感じることはないでしょう。しかし、スリやひったくりといった犯罪は皆無とはいえず、夜道の一人歩きや人混みにはご注意ください。
ホテルではセーフティボックスに貴重品など預けたり、荷物には鍵をおかけください。ホテルの宿泊カードが身分証明になるので、パスポートは持ち歩かないほうが安心です。ただしクレジットカードを使用するときはパスポートの提示が必要な場合もございます。あらかじめコピーも持って行くと何かと便利です。
写真撮影
人物の写真を撮る場合、一言了承を取るのがマナーです。特に女性を写す場合はご注意ください。
美術館や博物館はまれに撮影禁止のところもございます。必ず確認してから撮影するようにお願いします。
教会内ではミサ中の写真撮影は控えるなどマナーにご協力ください。
買物
キューバでは一般的にスーパーやお店の中に、大きな袋などの荷物を持ち込むことができません。お店の入り口付近に、手荷物を預かるコーナーがありますので、そちらにお預けください。
スーパーなどには値札が付いておりますが、メルカド(市場)などへ行くと商品に値段が付いていないことがよくございます。定価はあってないようなもので、旅行者にははじめから高い値段を言ってきます。ここでは言い値で買うのではなく、ぜひ値段交渉をしてください。言われた値段の半分程度から始めるといいでしょう。高価なものはもっと下からトライしてください。自分の納得いく値段になったらご購入下さい。
その他
キューバ出国の際に空港チェックインカウンター横の出国カウンターにてお一人様25CUCをお支払い下さい。キューバツーリストカードは出入国の際に必要となります。

pagetop