サイドイメージ

Contents

現地発着プラン
    日本旅行業協会 ㈱スペースワールドは、日本旅行業協会の正会員です。
    ボンド保証会員
    キャンセル保険
    三井住友外貨宅配
      

一般情報

「って、どんな国かご存知ですか?」

「光り輝く島」という意味を持つスリランカ。インド洋に浮かび、国土は北海道の約8割、涙の形に似たこの国は、仏教を中心とした文化遺産をはじめ、サーフィンやダイビングのできる海、サファリなどの自然も豊かです。また、紅茶の産地として有名で、紅茶関連の様々なご体験や、アーユルヴェーダなど、テーマを持ったご旅行にもおすすめです。

マップ 国旗
国名 スリランカ民主社会主義共和国 首都 スリー・ジャヤワルダナプラ [コッテ]
政体 共和制 通貨 スリランカ・ルピー[Rs.]
*1ルピー= 約0.85円
*1ルピー= 100セント
言語 シンハラ語、タミル語
都市部では英語も通用します
時差 3時間30分
日本の方が3時間30分進んでいます
気候 スリランカの気候は、南・西部と北・東部で大きく2つに分かれ、雨季、乾季の時期も異なります。
雨季には多量の雨が降りますが、朝・夕にスコールのように降った後、晴れることも多いです。
年間平均気温は、コロンボで約27℃、ヌワラエリヤなどの丘陵地帯では約16℃。
その他 入国の際、パスポートの残存有効期間が6ヶ月+滞在日数以上必要です。
また、予約が確定している復路の航空券等の所持も必須事項として定められています。

役に立つ情報

両替
日本内での両替はできません。コロンボ空港、また街中のホテル、銀行、両替所の多くで日本円、USドルからルピーへの両替が可能です。
再両替
再両替は難しい場合もあるので、一度にあまり大きな額を両替せず、使い切るようにすることをお勧めします。
両替時にもらうレシートが必要となります。
チップ
(目安)
・ホテルでの枕銭 : 100ルピー/ 1泊
・ホテルのポーター : 50~100ルピー/ 荷物1個
・レストラン (請求額にサービス料が含まれていない場合) : 総額の約10%程度
レストランでのお食事がツアーに含まれている場合には、200ルピー程度お渡しいただくのが一般的です。
飲料水
水道水の飲用は避け、ミネラルウォーターを購入してください。
郵便
(日本へ送る場合の切手代)
ポストカード: 25ルピー  封書: 65ルピー(20gまで)
電話
電話はホテル、郵便局、電話局、公衆電話(コインまたはテレフォンカード)からかけられます。
トイレ
各地で水洗式トイレが問題なく整備されています。
交通マナー
日本に比べると標識・信号、横断歩道が少ない状況です。スピードの出し過ぎ、無理な追い越しなど、運転マナーの悪いドライバーも多いので、歩行の際は十分ご注意ください。
治安
スリランカの治安は良い方ですが、混雑した場所でのスリ・置引きなど、海外を旅行する際の基本的な注意は必要です。
写真撮影
お寺や宗教的施設を訪れる場合、仏像に背を向けての撮影、ピースサインをしての撮影などは、時として問題に発展する可能性があります。また、壁画などを撮影する場合はフラッシュはたかないようご注意ください。
買物
おみやげの定番は、世界三大紅茶のひとつであるセイロンティー、宝石類、スパイス、民芸品など。
その他
◆ビザの取得について
スリランカへの短期滞在にはあらかじめ「ETA」を取得頂かなければなりません。
「ETA」所有者はスリランカへ入国する際、空港において30日間の短期滞在のビザが発行されます。「ETA」はスリランカ民主社会主義共和国出入国管理局の公式ウェブサイトよりオンラインで発行され、お客様ご自身でお手続き頂く事となります。
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/center.jsp?locale=ja_JP
登録には、パスポート情報、クレジットカード(要30ドル)、メールアドレスのご用意が必要です。パスポートのコピー、書類、写真などは不要です。弊社での代行は可能ですが、別途手数料が必要となります。

◆服装のご注意
文化三角地帯やお寺等を訪問される場合は、肌が露出し過ぎないようにしましょう。ノースリーブ、短パン、ミニスカートはNGです(膝下まで隠れるものがよい)。靴を脱ぐ場合もありますのでご注意ください。

◆電圧とプラグ
230~240V、周波数50Hz、プラグはBFタイプ、B3タイプ、Bタイプ、Cタイプが混在しています。マルチタイプのプラグがあると便利です。

pagetop