サイドイメージ

Contents

現地発着プラン
    日本旅行業協会 ㈱スペースワールドは、日本旅行業協会の正会員です。
    ボンド保証会員
    海外旅行保険
    キャンセル保険
    三井住友外貨宅配
      

一般情報

「って、どんな国かご存知ですか?」

メキシコはマヤ文明などの遺跡があり、人々の陽気な性格、美味しい料理など何度も行きたくなる素晴らしい国です。
◇幾重にも重なった歴史と芸術のメキシコの首都  『メキシコシティ』
◇中世のおとぎ話のような美しいコロニアル高原都市  『グアナファト』
◇テキーラとマリアッチの故郷の壁画の街『グアダラハラ』
◇先住民文化の伝統衣装や民芸品の街 『オアハカ』 
◇カリブ海のどこまでも美しい海、マヤ遺跡の街 『カンクン』 
それらの魅力にハマってしまう情熱の国メキシコにぜひ訪れてみてはいかがですか。

マップ 国旗
国名 メキシコ合衆国 首都 メキシコシティー
政体 大統領を国家元首とする連邦共和制国家 通貨 通貨はペソ(Peso)N$と表記されます。
ペソの補助単位がセンターボ(Centavo)
N$1(1ペソ)=100Centavo(センターボ)
言語 公用語はスペイン語です。
英語は、それなりのホテルやレストランしか通じません。但しカンクンなどのリゾートでは、かなり通じます。
時差 日本よりマイナス15時間       (サマータイム時はマイナス14時間/期間は毎年変わります)
気候 メキシコといっても場所・季節により違います。メキシコシティーは2,000mの高地にあるため、昼と夜の寒暖差が激しく(10度から15度の差)、最も暑い時期で昼は半袖でも夜はトレーナーの用意が必要です。
空気が少し薄く疲れやすいので、お酒の飲みすぎや体調に気をつける必要があります。
その他

役に立つ情報

両替
日本円からペソへの両替はレートが良くないので、日本からUSドルを持って行き、現地でペソに両替することをおすすめします。都市部ではATMも増えており、国際キャッシュカードやクレジットカードでの引き出しも可能です。
再両替
使い切れなかったメキシコペソをドルやユーロに再両替するのは可能ですが、レートがかなり悪くなりますので使い切ることをお勧めします。どうしても使いきれなかった場合、紙幣のみ空港の銀行でも再両替が可能です。
チップ
メキシコはチップの習慣がしっかりとあります。
・レストランでは10―15% (マクドナルド等のファーストフード店では必要ございません。)
・ルームサービス 10ぺソ
・ ポーター 5―10ペソ
・タクシー 10―15%
ツアーのドライバーとガイドには、同乗者全員合わせてドライバー $7相当、ガイド $7相当をお渡し下さい。
チップは基本的なマナーとして忘れずにお渡し下さい。
飲料水
現地のホテルやレストランでの水は硬水ですので、日本人は胃腸が弱いので飲まないほうが無難です。
ミネラルウオーター(NON GAS)をお買い求め下さい。
郵便
街中を歩いていると“CORREOS DE MEXICO(コレオ・デ・メヒコ)”という看板をよく目にします。これが郵便局にあたります。ポストカード、封書(20gまで)ともに日本までN$14.5程度。通常約1~2週間で到着します。
また、郵便局ではEMSなどの取扱いもございます。
電話
メキシコから日本への国際電話は、他国からと同様ホテルから電話を掛けますと相当高くつきます。コンビニかキオスクでテレフォンカード(インターナショナル トゥー ジャパン)をお買い求めになり、公衆電話からお掛け下さい。
通常ホテルのロビー近辺にも公衆電話はございます。
番号 ※0081―ゼロを取った市外局番―0000 最後の4桁
例) 東京 03-3456-1234   → 0081-3-3456-1234
インターナショナル テレフォンカード : 30、50、100 ペソがあります。
トイレ
空港やホテルでは日本と大差はありません。ですが特に地方における公共のトイレなどでは、管理の人にチップを渡して利用する場合も多いです。その際トイレットペーパーを渡されることがありますので受け取り、ご利用下さい。また排水事情がよくない場合は故障の原因となる可能性がありますのでペーパー利用後は備え付けのゴミ箱へ捨てて頂きますようお願いします。
交通マナー
メキシコの交通マナーは良いとは言えません。車優先社会となっており、日本では考えられないような速度で走る車もありますのでその点ご注意ください。特に大きな道路を横断する際には十分ご注意ください。
治安
他の国同様メキシコも決して安全とはいえません。外出する際には必要最少限度のお金を持ち、貴重品は持ち歩かないようにして下さい。パスポート等貴重品はセーフティーボックスにお預け下さい。観光客が持ち歩くデジカメを狙うひったくり等も出ております。また、特にホテルロビー近辺での置き引き、路上でのヒッタクリにご注意下さい。
万一トラブルに遭遇した場合は、渡せるような多少のお金(3000-5000円相当)をご準備しておき、渡してしまって下さい。変に拒むとかえって危険です。ホテルの部屋の中でも、外出する際にはカメラや貴重品等をテーブルの上に置かず、スーツケースに入れて必ず鍵をお掛け下さい。
写真撮影
人物の写真を撮る場合、一言了承を取るのがマナーです。特に女性を写す場合はご注意ください。
美術館や博物館はまれに撮影禁止のところもございます。必ず確認してから撮影するようにお願いします。
教会内ではミサ中の写真撮影は控えるなどマナーにご協力ください。
買物
メルカド(市場)などへ行くと商品に値段が付いていないことがよくございます。定価はあってないようなもので、旅行者にははじめから高い値段を言ってきます。ここでは言い値で買うのではなく、ぜひ値段交渉をしてください。言われた値段の半分程度から始めるといいでしょう。高価なものはもっと下からトライしてください。
自分の納得いく値段になったらご購入下さい。
その他
☆電圧とプラグ☆電圧は110Vで周波数は60Hz。コンセントプラグの形状は日本と同じです。
日本の電気器具利用には、基本的には変圧器が必要ですが、最近のビデオカメラやデジカメの充電機は使えます。但し、出発前に説明書を確認してください。

pagetop